SSブログ

水産酒場 徳三丸 [ランチ]

100101水産酒場徳三丸【舟盛海鮮丼大盛り】1.jpg
 新年明けましておめでとう御座います。
 皆さんは、この元旦を如何お過ごしされていることでしょう?

 bo-takaさんの元旦は、まずは妻お手製の『おとそ&お雑煮・御節』で始まりましたyo!
 (我が家は二人家族なので、御節は毎年bo-takaさんが手を抜くようにお願いしてます)

 さて、朝食を軽く済ませたお二人は、近所の神社へお参りをし、その足で成田山・新勝寺
へと向ったのne!!

 そんでもって、京成成田駅より参道とは別ルートを使って山門前に到着するも、山門前で
は黒山の人だかり!? しかも、入場制限とは・・・

 こんな時には更なる秘策で、裏門より侵入するのが一番!!ほとんど待つ事無く、無事
に参拝を終える事が出来ましたyo!

 さて、ココからが問題!昼食場所を探すも、元旦から営業している参道のお店は何処も
イッパイ! しかも、見るからにお高め・・・

 そこで、駅まで戻り参道から外れたお店を探し始め、見つけたお店は成田周辺でチェーン
展開をされているLhasaグループの【水産酒場 徳三丸】さんなのne!!
100101_131433.jpg
 店内にはテーブルが14・5卓くらいはあるようだが、先客は1組だけ!(チョット不安)

 しかしメニュー表を覗いて見れば、リーズナブルそうで一安心!?
 (メニュー表

 安心したところで、まずは二人で『ご苦労様セットA&C』で乾杯!!
 『セットA(生ビール+枝豆)¥596』↓(一口飲んじゃいました:笑)
100101水産酒場徳三丸【ご苦労様セットA】.jpg
 中生ビール1杯が¥470なので、セットにするとお得感がありますねぇ~!?
 
 『Cセット(生ビール+モツ煮込み)¥596』↓
100101水産酒場徳三丸【モツ煮込み】.jpg
 『モツ煮込み』には豆板醤のようなピリ辛調味料がのっていて、体が温まります。

 続いては『あん肝¥550』↓
100101水産酒場徳三丸【アン肝】.jpg
 先日入った居酒屋さんは『あん肝』3切で¥450、コチラの【徳三丸】さんの方が勝ってますなぁ~(お味もGoo・Goo・グゥ~!)

 そして、この時期と言えば『寒ブリ刺し¥550』↓
100101水産酒場徳三丸【寒ブリ刺し】.jpg
 ギットギトの脂感があるかと思いきや、菊の花びらと共に頂けば、これまたサッパリと・・・

 他にも『かみなりハイボール¥399』・『ぼんぢり(塩焼)¥150×2』を頼み、最後の〆に
bo-takaさんが選んだお品は『舟盛海鮮丼¥980+大盛り(忘れました)』。
 
 注文の際、女性店員さんに「舟盛海鮮丼って凄い量があるのですか?」と聞くと、「お二人で食べて丁度良い量かと・・・、男性ならお一人でも食べ切れると思いますよ」とな!?
 しかも、「大盛りにできますか?」との質問に、「少々お待ち下さい」と云って厨房に確認し
に行ってくれた時、bo-takaさん少々ビビリましたが・・・

 特に問題ないとの事で『舟盛海鮮丼大盛り』のオーダーが通り、6・7分の後に現れたの
はコチラ↓
100101水産酒場徳三丸【舟盛海鮮丼大盛り】2.jpg
 お刺身のUPも↓
100101水産酒場徳三丸【舟盛海鮮丼大盛り】3.jpg
 そして、甲板を開けてみれば↓
100101水産酒場徳三丸【舟盛海鮮丼大盛り】4.jpg
 ご飯量は握りにすると18貫分で、1合半ほどでしょうかね!? 

 甲板上のお刺身を船室へとお引越し↓
100101水産酒場徳三丸【舟盛海鮮丼大盛り】6.jpg
 ハァーイ!綺麗に盛り付け完了!!

 お刺身は計8枚と少ない気もするが、一口一口にイクラの食感があって、ちょっと贅沢な感じかも・・・

 妻:みぃ~タンも最後に『かぼちゃアイス¥250』を食して満足げでしたwa[るんるん]

 「さぁ~今年も、食べ歩くぞぉー!!」って、お店を出てから3分ほどでこんなん買ってしまいましたwai[手(チョキ)]

水産酒場 徳三丸
住所:千葉県成田市花崎町814-74
電話:0476-24-0421
営業時間:17:00~26:00(正月三ヶ日は12:00~みたいッス)
定休日:年中無休
駐車場:ないよ

共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます